FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強企業トヨタが抱える深刻な悩み 「レクサスの不振」のなぜ


8月1日15時45分配信 MONEYzine


 豐田2008年3月期決算,從銷售額到當期当期純利潤所有項目都更新了過去最高紀錄,連結銷售額約26兆3000億倭元、營業利潤約2兆2700億倭元。倭奴最強企業的豐田自動車應該笑得合不攏嘴了,但卻一直有無法消除的苦惱。國內媒體再次報道豐田・雷克薩斯在倭奴国内銷售成績不佳。過去也有這樣的報道,難道的確所言不虛?

 雷克薩斯自2005年開始販賣,當時就被傳聞銷量不好。批評意見有「品牌遜於奔馳、BMW等」、「功能好但設計差」等。而豐田負責人卻說「雷克薩斯在北美成績優異,只要投入其頂級品LS形勢就會逆轉。」但2006年9月以降LS販賣情況也難以稱道。

 豐田雷克薩斯品牌計劃在倭国内一年販賣5~6万輛,但到2007年,5個車型的登記車輛加起來才約3万5000輛,離目標很遠。而進入08年後,雷克薩斯系列上半年累計販賣輛数只止於1万5000輛弱。LS也不過1万9000輛,與豐田品牌高級車王冠的5万6000輛相比差得太遠。且Premium品牌本應在北美賣得很好,次貸危機惡化了景氣,又加上原有價格暴漲,據說,販賣數下跌,情況似乎相當糟糕。

為實現「最好的販賣・服務」,豐田設置了365日24小時雷克薩斯專用客戶中心,開設24小時緊急援助體制等,以努力提高售後服務,但若雷克薩斯不能作為高檔車在倭奴國內及歐洲有所進展,豐田高層的郁悶恐怕還難疏散吧。

スポンサーサイト

tag : 倭奴 汽車

comment

Secre

プロフィール

知雄守雌

Author:知雄守雌
仁至義盡

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。